さじろーどっとねっと
<人間の性能向上術?下>

人間の能力とは・・・
人間力は一日にしてならず」です。人間の能力は簡単には身につきません。どうすれば効率よく能力を上げられるのでしょうか?

もともと人間の能力とは非常に矛盾したものです。能力の評価は常に自分と他人との比較でしかありません。

これはスポーツなども同様ですが、オリンピックで金メダルをとったとしても、「実はそれ以上のタイムが出せる人が参加していなかった」だけかも知れません。

逆を言えば身近にいる他人よりも優れていれば「能力がある」と判断されるわけです。

単純な例で言えば、偏差値50の人が、偏差値40の学校に入れば「秀才」、偏差値60の学校に入れば「落ちこぼれ」になるわけです。

人間の能力を育てよう!
人の振り見て我が振りなおせ」は当然のお話です。これは悪いことを言っているのではなく、人の良いところも見習えであるのです。

もっとも手っ取り早く能力を上げるには、能力の高い人々と一緒にいることです。以前、「天才は馬鹿からでも学ぶ」と書きましたが、それでも能力の高い人から学ぶことの方が多いことは確かです。

けれども「落ちこぼれ」になると困りますので、それなりの場所を見つけましょう。小学生が大学に行くようなものです。

つまり、常に自分の能力を上げてくれそうな人たちと一緒にいることによって、間単に能力値は上がるのです。


先頭を走ることも必要です
ある程度自分の能力を感じられるようになったならば、先頭を走りましょう。これはマネージャーになることではなく、プロジェクト・リーダーであったり、簡単なところであれば掃除の仕切りかかり、宴会の幹事なんかでも良いかもしれません。

必要なことは自分がリーダーになり先頭を走ることにあるのです。先頭を走ることは「文句をいうよりもはるかに大変」です。

人間の性能向上術というタイトルでありますが、これを読んだだけで能力が上がる訳ではありません。そういうポジションに自分を置くことも大切なのです

必要な能力は常日頃から育成する必要があります。

コンピュータの性能と人間の性能
当然大きく違う項目です。人間の性能とコンピュータの性能を直接比較することは出来ません。それでも、あなたはコンピュータに勝てますか?

答えは簡単、勝てます!

なぜって、それは人間がコンピューターを作ったからです。しかし、オセロの世界王者はコンピュータに負けました。それでも勝てるのでしょうか?

それでも勝てます!

そう思いませんか?もちろん暗算では負けるかも知れません。記憶力でも負けるかもしれません。けれども、人間のキャッシュはコンピュータよりも優れています。

人間の潜在能力はもっともっと高い位置にあるものです。それを自分自身が理解することが必要です。

人間の能力はもっと高いはずです!

思い込みもあなたの能力
これは誤解しないでもらいたい言葉です。勘違いではありません。複数の書物で自己暗示による能力の開発があります。これはある意味危ない世界の話になりますが、こういったことも必要だということです。

私も速聞のCDを買いましたが、かなり危ない内容でした。「私は天才です。私の能力は高い。私は勝者です。」というような内容のCDをひたすら聞くわけです。

私に効果があったか不明(私は5回くらいで止めました)ですが、こういう言葉をなんども聞いていると自分が優れた人間であるような気になるわけです。

ちょっと極端な例ですが、これは管理職では良く使う手口です。部下のやる気を出させるためであったり、洗脳するためには必要な能力です。

カルト系の宗教もこんな感じの手口かと思います(私は良く分かりませんけど・・・)

埋もれていく人間の性能・・・
もったいない話です・・・それでも埋もれている人が大勢いるのです。それはとても悲しいお話です。ではその原因はなんでしょう。

大きな原因は「その人間の能力が開花していない」です。人間の能力は常に発展途上です。それは死ぬまでかもしれません。その発展スピードが他を圧倒するほどではないケースです。

回りの人間が止められないほどのスピードで成長している人間は、どうなっても成長が止まりません。しかし、その段階の前にいるケースが多くあります。

優れた指導者に出会えば、もしかしたら人生が変わるのかもしれません。いろいろ変わることを自分自身が理解する必要があります。

もう一つのケースが、「出る杭は打たれる」です。例えば、中途採用の人間がいきなり自己主張をすると嫌われるケースがあります。このあたりは人間のコントロールだと思いますが、それとは別に能力の高さを見せると回りからつぶされるケースがあります。

正直、不幸としか言いようがありませんが、「能ある鷹は爪をかくす」と言いますが、このあたりの社交性も必要でしょう。打たれないくらい飛び出してしまえば大丈夫なんですけどね。

人間は必ず成長する
ある人はこう言いました。「私は能力が無い」ある人はこう言いました。「自分の能力はたかが知れている」・・・

自分がそう思うのであれば、そうなるのでしょう・・・それは自分の目標でもあるのです。しかし、人間は必ず成長します。もし成長しないのであれば生きていないのかも知れません。

まずは目標を持ちましょう。そうしなければ人間が成長することは難しいかも知れません。目標が無い人間とある人間では全てが違います。それは漠然とした内容かもしれません。

お金持ちになりたい!偉くなりたい!有名になりたい!」こんな簡単なことで良いのです。それが成長の第一歩です。



ブックマークに追加する