さじろーどっとねっと
<適材適所とは言っても...>

これは、ここでは説明出来ませんが、人それぞれ優れた部分があります。プロジェクトリーダーはそれを見抜いてあげなければいけません。知っているよりも適していることを優先して、仕事のポジションを決定しましょう。

良くあることですが、いままでやっていた仕事だからとか、知識があるからといった認識で作業の振り分けをする人がいます。個人の能力を理解しないまま分担をきめてしまいます。

大切なのは、適しているか、適していないかです。

逆を言えば、これが見抜けない人間はプロジェクトリーダーとして不適切です。見抜くコツは、スタッフと話をすることではないでしょうか。そして、固定観念にとらわれず、その人間を見て、考えてあげることではないでしょうか?

ブックマークに追加する