さじろーどっとねっと
<コンサルタントに机は要らない?>

(2000/03/23-20:20:07)
以前会社の上司が言っていた言葉である。

「コンサルタントに机は要らない」

しかし、この言葉の意味が私は解らなかった。それが最近ようやく解ったきた。

つまり、ある仕事でお客さんの所に行く、その回数がだんだん増える。そうすると週に1回で月額契約をしたほうが計算が楽になる。そんな感じで進んでいくと、半年契約で2400万円でって話になるのである。

これがコンサルタントの場合、お客さんのインフラ、システム構築、導入案、もっと言えば、経営コンサルの話まで出来るのである。

どうなってくると、会社としては派遣と変わらないが、その金額がべらぼうに高いのである。しかし、その高い金額でもその人材(その人間のアイデア)が必要であった場合、そこにお客さんはお金を払うのである。

そうすると客先に自分の席が用意される。そしたら、会社に出社する必要性が無くなるのである。そんな訳で、「コンサルタントに机は要らないのである」

ブックマークに追加する