さじろーどっとねっと
<一人でインタビュー>

自己満足のインタビューです。基本的には、ソフトウェアの開発秘話などを書いています。
Home Page Analyzer v3.10はスゴイの?
2000/08/17-23:52:08
インタビューアー:
「久々のインタービューですがよろしいですか?」

私:
「えー絶好調です。」

インタビューアー:
「HPAことHome Page Analyzerのv3.1が完成したのは本当ですか?」

私:
「いえ、まだテスト段階です。リリースはまだ未定です。出荷するかも解りませんし...」

インタビューアー:
「予定はないってことですか?」

私:
「いえいえ、現在テスト段階でこのまま他の機能も追加するかも知れないんですよ」

インタビューアー:
「今回のHPAは、どんな感じになりますか?」

私:
「バージョン3になってから大幅に変更がありました。最大の特徴はsajidb3に対応したことです。WEBのデータベースでデータ管理をしていますので今まで以上にデータを蓄積する事ができるように鳴りました。」

インタビューアー:
「データが増えて、どんな機能が追加されましたか?」

私:
「日別、月別の各ページのランキング画面を増やしました。それとクーキー対応でリピーターの数も計測できるようになりました。これによってどの程度の人が再度自分のページにくるかを把握できます。」

インタービューアー:
「もともと一覧表示で見やすい画面でしたが、変更はありますか?」

私:
「基本的には変更はありません。ページが追加されたのでメニュー等変更はありますが、たいしたものでは無いです。むしろ、以前のHPAでは、画面にHPAって書いた画像が出るだけでしたが、そこにトータルのアクセス数を表示するようにしました。これは結構大きいと思います。他のアクセスカウンターはやってますけどね」

インタビューアー:
「VectorのUNIX部門のランキングで11位に入ったのは本当ですか?」

私:
「はい、結構驚きました。それも上位のソフトはファイル管理とは実用的なものばかりだったので...でも、UNIX部門ですからね」

インタビューアー:
「現在のリリースバージョンは、v3.01ですが、v3.1の出荷はいつ頃の予定ですか?」

私:
「テストが完了したら検討します。でも多分ローカルでダウンロードするようになると思います。」

インタビューアー:
「今後どのような変更をする予定ですか?」

私:
「まだ解りません。というのも現在のHPAに結構満足してますからね。それでもいろいろなニーズをもらっているので変更してく予定です。」

インタビューアー:
「他には何か制作中のソフトはありますか?」

私:
「掲示板を変更する予定です。allbbsもバージョンが古くなったし、sajidb3の機能を全然つかってませんので、サーチエンジンも変更します。」

インタビューアー:
「具体的にはどんな感じになるのでしょうか?」

私:
「ん?まだ解りません。これから考えます。ご意見があれば教えてください。」

インタービュー:
「このページを見ている人(読んだ人)は少ないと思いますが、どうでしょう?」

私:
「それはそれで良いでしょう。かなり遊びのページだし...」

インタビューアー:
「それでは、今日はこの辺で終わりにしましょう。」

私:
「ありがとうございました。感想があればメールを下さい」

NEW SAJIDB(MUSASHI)製作発表!
2000/12/03-23:47:55
私:
「本日は、NEW SAJIRO DATABASEの製作発表に起こしいただきありがとうございます。これから新しいSAJIDBの内容を紹介します。」

私:
「まだ具体的なことはいえませんが、ADD方式のデータベースになる予定です。ほかには、ミラーリンク機能といったバックアップ機能も備える予定です。データのロック方式も変更します。ソート、シャッフル、多重検索、キャッシュ、スナップショットなども検討しています。」

私:
「パーソナルWEBデータベースとして、先端に位置していると自負していますが、今回の変更で他のベンダーを大きく引き離すことになるでしょう。」

私:
「そうそう、今回のデータベースのプロジェクト名はMUSASHIです。」

私:
「なにか質問はありますか?」

記者:
「ADD方式とはどういった方法ですか?」

私:
「企業秘密なのではっきりとは言えませんが、簡単にいうとデータを削除しない方式です。」

記者:
「それによって、処理速度や安全性は強化されるのですか?」

私:
「間違いなく強化されると思います。」

記者:
「リリースの予定はいつ頃ですか?」

私:
「来年の1月中を予定しています。けれどもはっきりはしていません」

記者:
「HPAやその他ソフトとの連携はどうなりますか?」

私:
「基本的には、下位互換は行う予定です。しかし、コンセプトが違いますので、SAJIDBの発表後、対応版をリリースする予定です。」

記者:
「パフォーマンス面でどの程度の性能アップをするのでしょうか?」

私:
「今回のバージョンから、パフォーマンス測定の結果を表示する予定です。もちろん現行のバージョンからも比較できる形にしたいと思っています。」

記者:
「プロジェクト名のMUSAHIですが、なぜMUSASHIなんですか?」

私:
「私の住んでいる町の名前に武蔵って地名がつきます。よく外国のプロジェクトでは開発地の名前がプロジェクト名になるので、それを引用しています。」

記者:
「今回は、シェアウェアですかフリーウェアですか?」

私:
「基本的にはフリーウェアです。しかし、Vectorがフリーにしてくれないので名前を変える予定です。For Liteとかフリー版とかになると思います。」

私:
「それでは時間になりましたので終了させていただきます。MUSASHIに期待してください」

Sajiro Databaseの誕生秘話
2000/02/08-22:39:25
インタビューアー(以降、イ):
「それでは、お願いします。」

私(以降、私):
「よろしくお願いします。」

イ:
「早速ですが、Sajiro Databaseはなぜ作られたのですか?」

私:
「簡単な話なんですけど、もともとナレッジベースを作りたかったんですよ、自分が思った事、勉強したこととかどこかに記録しておきたかったんです。そんで、自分のPCにいろいろ書いて残しておいたんですけど、PCのハードディスクが壊れて全部パーになっちゃったんです。っでWEBにDBを作る事にしたんです。」

イ:
「なぜWEBに作ったんですか?」

私:
「仕事上、いろいろな場所で仕事をする事があるんで、どこでも自分のナレッジを見たかったんですよ。それを考えるとWEBってのが当たり前になるでしょ。もう一つは、ホームページを作るのが面倒なので掲示板がそのままホームページになるってのが作りたかったんですよ。めんどくさがりなので・・・」

イ:
「もともとPerlのパッケージを作ろうと思っていたのですか?」

私:
「はじめは、単純な掲示板みたいなものでした。それが、なんとなく変わっていったんですよ。Perlの勉強を始めて、簡単なプログラムをかき出したら、意外に楽しくて・・・」

イ:
「プログラムの経験はどれくらいあるのですか?」

私:
「現在は、コンサルタントを目指していますが、6年くらいエンジニアをしてました。コンピュータ言語もいろいろできますよ」

イ:
「データベースに関してはどうですか?」

私:
「オラクル、MS-SQLくらいですかね。オラクルのほうが得意ですけど、というのも以前働いた会社がオラクルのプロフェッショナルって会社だったんで、結構勉強しましたよ。その後にオラクルで働いた事もありますし」

イ:
「最後にこれからのSajiro Databaseはどのように変わっていくのですか」

私:
「例えば、オラクルと比べたって勝てるわけがありません。じゃーデータベースとしてどの方向を目指すべきなのかは、現在まだはっきりしていません。しかし、あくまでWEBベースのデータベースなので、機能制限をつけても軽くて、使いやすいそんなデータベースを作りたいと思っています。現在のバージョンは、それなりに満足していますが、これからもドンドンバージョンアップしていきますのでよろしくお願いします。」

イ:
「これからも、Sajiro Databaseの発展を期待しています。今日はありがとうございました。」

私:
「ありがとうございました」


ブックマークに追加する