さじろーどっとねっと
<Sajiro Databaseの誕生秘話>

2000/02/08-22:39:25
インタビューアー(以降、イ):
「それでは、お願いします。」

私(以降、私):
「よろしくお願いします。」

イ:
「早速ですが、Sajiro Databaseはなぜ作られたのですか?」

私:
「簡単な話なんですけど、もともとナレッジベースを作りたかったんですよ、自分が思った事、勉強したこととかどこかに記録しておきたかったんです。そんで、自分のPCにいろいろ書いて残しておいたんですけど、PCのハードディスクが壊れて全部パーになっちゃったんです。っでWEBにDBを作る事にしたんです。」

イ:
「なぜWEBに作ったんですか?」

私:
「仕事上、いろいろな場所で仕事をする事があるんで、どこでも自分のナレッジを見たかったんですよ。それを考えるとWEBってのが当たり前になるでしょ。もう一つは、ホームページを作るのが面倒なので掲示板がそのままホームページになるってのが作りたかったんですよ。めんどくさがりなので・・・」

イ:
「もともとPerlのパッケージを作ろうと思っていたのですか?」

私:
「はじめは、単純な掲示板みたいなものでした。それが、なんとなく変わっていったんですよ。Perlの勉強を始めて、簡単なプログラムをかき出したら、意外に楽しくて・・・」

イ:
「プログラムの経験はどれくらいあるのですか?」

私:
「現在は、コンサルタントを目指していますが、6年くらいエンジニアをしてました。コンピュータ言語もいろいろできますよ」

イ:
「データベースに関してはどうですか?」

私:
「オラクル、MS-SQLくらいですかね。オラクルのほうが得意ですけど、というのも以前働いた会社がオラクルのプロフェッショナルって会社だったんで、結構勉強しましたよ。その後にオラクルで働いた事もありますし」

イ:
「最後にこれからのSajiro Databaseはどのように変わっていくのですか」

私:
「例えば、オラクルと比べたって勝てるわけがありません。じゃーデータベースとしてどの方向を目指すべきなのかは、現在まだはっきりしていません。しかし、あくまでWEBベースのデータベースなので、機能制限をつけても軽くて、使いやすいそんなデータベースを作りたいと思っています。現在のバージョンは、それなりに満足していますが、これからもドンドンバージョンアップしていきますのでよろしくお願いします。」

イ:
「これからも、Sajiro Databaseの発展を期待しています。今日はありがとうございました。」

私:
「ありがとうございました」

ブックマークに追加する