さじろーどっとねっと
<影響を受けた人たち>

人生には影響を受ける人物が何人かいると思いますが、私の出会った大切な人たちです。
バスケ部の顧問の先生
1999/10/31-20:16
私は中学、高校とバスケットをしていた。高校ではバスケ部のキャプテンを努めた。その時の顧問の先生である。その人は、頭が良い(某国立大学出)バスケもメチャクチャうまい!

西高校でバスケをしていたが、西高校と言えば都立高校でありながら、強豪バスケチームがあるところある。そこのキャプテンをしたってんだから、それはすごい!

この人のすごいところは、いつでも本気なのである。当たり前と言えば当たり前なのだが、練習中でも本気なので、授業中も本気である。一言で言えば、熱血教師である!

この人を見ていると、俺もやらなければって気になる。そして、この人に負けたくないって気にさせる。

いろいろなところでバスケを教えていたらしいが、とても優れた監督であると思う。

小学校の先生
1999/10/10-19:56
いままでの人生の中で、これほど大きな影響を受けた人はいないであろうっと思う人です。

私が小学校5、6年の時の担任の先生で鬼のように恐い先生でした。鬼と書きましたが正に鬼です。私も何回殴られたか分かりません。一言で言えば、とても素直に生きている!それだけなのです。いや、当時としては当たり前だったのかも知れません。

私が、卒業するときに定年でしたので戦前生まれです。貧困の時代に生まれて、苦労してそだったんだろうなってことが分かります。あの人が言った言葉をいくつか書きます。

“俺がおまえらを殴るときは、首をかけて殴る。文句があるなら、PTAに言いつけて構わない”

“勉強が好きなやつはいない。でも、できなければいけない”

“おまえらもある意味大人だ。だから俺はおまえらを大人として扱う”

“殴られなきゃわからないなら、犬や猫とおんなじだ”

今時の教師が言ったら、問題になるだろーなって気もするが、この言葉が今の教育よりも正しいと私は思っている。

(株)TのS.H氏
1999/10/31-20:24
この人が私に仕事を教えてくれたと言っても過言では無いほど、お世話になった人物です。

私の4?5くらい年上ですが、グループのリーダー的存在で、課長が信頼している人物でした。もちろんグループのみんなが信頼できる人物であったことは言うまでもありません。

この人の何が優れているかというと、全てをキチッと出来るのです。(余談ですが、酒の飲み方はキチッとしていません)例えると、終点まで線路を引いて、各駅停車で終点まで必ずたどり着けるといった感じです。そしてなにより、スタッフの話を良く聞き、上司に意見を通せる人間なのです。

本音をいうと、あまり技術屋さんではない人だと思います。それよりも、プロジェクト管理などでその力を発揮します。“プロジェクト管理の方法”を作りましたが、内容はS.H氏の影響が多く出ています。

(株)A.CのH.Sさん
2001/07/06-00:02:19
私はこの人とであって、人間関係の重要性を認識しました。この人は仕事はイマイチです。それでも交友関係の広さは桁外れです。

もし自分の知らないことがあったとしたらそうするでしょう?

もちろん調べる、知っている人に聞く、これが最短の方法です。でも知っている人がいるでしょうか?ここから先が交友関係です。仕事の世界ではある程度から先は人間関係になってきます(これもこの人から教わったことです)

それではこの人間関係をどうやって作っていけばよいのでしょうか?ここから先が人間の魅力です。

ある人はこの人を能無しと評価するでしょう。ある人はこの人を優秀と評価するでしょう。このあたりが絶妙なのです。

この人は人間としての魅力の高い人です。

この域には私は届いていません・・・


ブックマークに追加する