さじろーどっとねっと
<データの考え方>

以下のプログラムを参照して下さい。
Sample
## 項目の1番目に「a」、2番目に「b」、3番目に「c」を設定します。
$sdb->insert("table","a<>b<>c<>");

## 登録したデータを取り出します。
@dat=$sdb->select("table");
($p0,$p1,$p2,$p3)=$dat[0];
print "$p0,$p1,$p2,$p3";
## 表示結果は、「2,a,b,c]になります。

insertしたデータの先頭にプライマリーキーが追加されます。プライマリーキーは最長15桁の数値です。

## データを抽出する際は、データの番号に注意しましょう。
$sdb->select("table","1 eq a");

項目番号1が「a」のデータを抽出します。項目番号は、プライマリーキーが「0(ゼロ)」、以降1、2、3?と増えていきます。

## bのデータを探す場合は、以下のように呼び出します。
$sdb->select("table","2 eq b");

## プライマリーキーを昇順でsortする場合は、以下のように呼び出します。
$sdb->select("table","0 sort up");

ブックマークに追加する