さじろーどっとねっと
<@ret = access( "cut $cal $cnt, $cal $cnt, .... ",@rec)>

条件に従って配列からデータを抽出します。
引数
$cal
切り出し用の拡張パラメタです。upper:$cntから先頭まで、under:$cntから末尾までの2パターンあります。
$cnt
対象のデータ件数を指定します。
@rec
配列を指定します。
@ret
抽出したデータを返します
Sample Program

require "sajidb.pl"; ## データベースファイルの宣言
$sdb = new sajidb(); ## データベースの初期化

## 先頭から10件を取り出します。
@dat=$sdb->access("cut upper 10", @data);

## 先頭から20件目以降を取り出します。
@dat=$sdb->access("cut under 20", @data);

## 先頭から20件目以降の先頭10件を取り出します。
@dat=$sdb->access("cut under 20, upper 10", @data);


ブックマークに追加する