さじろーどっとねっと
<@ret = access( "with $table $no1 $cal $no2 &&.... ",@rec)>

@recと指定のテーブルを条件に従って連結します。v4.2以降でサポート 関数連結対応に対応しています。
引数
$table
結合するテーブルを指定します。
$no1
@rec側の検索項目番号を指定します。
$cal
一致条件を指定います。抽出データ用の拡張パラメタと同様の項目が使用可能です。多数の組み合わせを行うことができます。($extを参照)
$no2
$table側の検索項目番号を指定します。
@rec
配列を指定します。
@ret
結合されたレコードを返します。結合されたデータはオリジナルの後ろにつきます。
Sample Program

require "sajidb.pl"; ## データベースファイルの宣言
$sdb = new sajidb(); ## データベースの初期化

@data=( "1<>AAA<>", "2<>BBB<>", "3<>CCC<>", "4<>DDD<>" );
$sdb->( "insert $table", @data );

@rec=( "901<>1<>", "902<>3<>", "903<>2<>", "904<>4<>" );

## $tableと@recを連結します。@recの0番目と$tableの1番目の項目の一致
@dat=$sdb->access("with $table 1 == 0", @rec );
## 結果はこのようになります
## 901<>1<>1<>AAA<>
## 902<>3<>3<>CCC<>
## 903<>2<>2<>BBB<>
## 904<>4<>4<>DDD<>


## 2つにテーブルを結合する場合
## データをテーブルに入れます
@rec=( "901<>1<>", "902<>3<>", "903<>2<>", "904<>4<>" );
$sdb->( "insert $rec", @rec );
## queryからデータを読み込み関数連結でデータを集合させます
@dat=$sdb->access("query $rec 0 > 902 &&& with $table 1 == 0");
## 結果はこのようになります。
## 903<>2<>2<>BBB<>
## 904<>4<>4<>DDD<>

ブックマークに追加する