さじろーどっとねっと
<$ext>

データ選択、抽出時の拡張パラメターです。
引数
$no
項目番号を指定します
$cal
式を設定します
$data
値を設定します
条件連結
∧でアンド条件、∨でオア条件で検索ができます
$cal(呼び出し可能式)
$no eq $data 項目番号$noの値と$dataが等しい
$no ne $data 項目番号$noの値と$dataが等しくない
$no in $data 項目番号$noの値に$dataが含まれているとき
$no ni $data 項目番号$noの値に$dataが含まれていないとき
$no gt $data 項目番号$noの値が$dataより大きいとき
$no ge $data 項目番号$noの値が$dataと等しい又は、大きいとき
$no lt $data 項目番号$noの値が$dataより小さいとき
$no le $data 項目番号$noの値が$dataと等しい又は、小さいとき
$no == $data 項目番号$noの数値が$dataと等しいとき
$no != $data 項目番号$noの数値が$dataと等しくないとき
$no >= $data 項目番号$noの数値が$dataと等しい又は、大きいとき
$no > $data 項目番号$noの数値が$dataより大きいとき
$no <= $data 項目番号$noの数値が$dataと等しい又は、小さいとき
$no < $data 項目番号$noの数値が$dataより小さいとき
Sample Program

vrequire "sajidb.pl"; ## データベースファイルの宣言
$sdb = new sajidb(); ## データベースの初期化

## 0番が10、1番が100以上又は、200未満のデータを抽出
@dat=$sdb->access("query table01 0 eq 10 ∧ 1 >= 100 ∨ 1 < 200");

## 0番に10を含み、1番が100以外で、2番がNULLのデータを抽出
@dat=$sdb->access("select 0 in 10 ∧ 1 != 100 ∧ 2 eq ");


ブックマークに追加する